トップ > 部活動 > ソフトテニス部

ソフトテニス部

アクセスカウンター
since 2015/08/28

活動日:月曜日~土曜日

活動場所:コート2面(砂入り人工芝+クレー)
コメント:
 専門のコーチ3名とソフトテニス指導歴のある先生を加え5名の先生方とともに日々の練習に励んでいます。
 顧問:岡田裕之、神戸智広、今井正樹、金子利久、近藤亜紀
 現在部員数:1年生男子6名・女子3名、2年生男子11名・女子5名
 関東大会を目指して頑張っています。

【2018年度の活動】

●オダワラ・キャッスル杯に参加(男子) 3月31日~4月3日
   インターハイ常連校と多くの試合ができました。

●関東大会県予選会
  <個人戦> 男子:三浦(③西中原)・齋藤(③菅)、佐藤克(③山内)・新屋(③田奈)
           目黒(③光丘)・鈴木(③柿生) 3ペア地区予選通過、県大会へ出場
        女子:山川(②井田)・関場(②稲田)、桑垣(①旭北)・宮良(②大和)
           2ペア地区予選会通過、県大会へ出場
  <団体戦> 男子:2回戦 菅 1-2 大和南
        女子:1回戦 菅 3-0 桐蔭学園
           2回戦 菅 1-2 東海大相模
     男子団体はベスト8を狙い臨みましたが、レギュラーが地区予選会で県大会出場を
     落としたことが尾を引いてしまいました。女子は1年生が入り戦力的にも上がりました。

●インターハイ県予選会
 <個人戦> 男子:三浦・齋藤、目黒・鈴木、大砂(③菅)・小月(③柿生)
          3ペア地区予選通過、県大会へ出場
       女子:山川・関場、桑垣・宮良  2ペア地区予選会通過、県大会へ出場
 <団体戦> 男子:1回戦 菅 2-1 横須賀大津
          2回戦 菅 1-2 横浜栄
       女子:1回戦 菅 2-1 日本女子大附属
          2回戦 菅 1-2 大磯
   男女とも団体戦は勝ってもおかしくない内容でした。精神面の強化とうまくいかないときの
   次の手を身につけることが大切だと感じました。

●川崎市春季市民大会
       男子:三浦・齋藤、雨宮(③日吉)・笹原(②野川) ベスト16
       女子:山川・関場  ベスト16
        男子は法政二高、女子は川崎橘にどうしても勝てません。力の差がはっきりして
   しまっているようです。打開する何かがほしいです。

●県民体育大会兼国民体育大会県予選会
       男子:三浦・齋藤 1回戦敗退

●県高校選手権大会
       男子:三浦・齋藤 ベスト32
   ベスト16掛けで三浦学苑と対戦、ファイナルジュースで敗退しました。3年生の最後の
   試合でしたが、よくここまで勝ち上がりました。


【2017年度の活動】

●県高校ソフトテニス選手権大会ダブルスの部(7月8日、9日)
  男子:佐藤克・齋藤ペア ⇒ ベスト64
   男子は2日目に残った選手も、
   東海大相模高校、慶応高校と対等に戦えていました。
   2年生なので、新人大会に期待が持てます。

●川崎地区高体連第一大会(7月29日~31日)
 <個人戦>  男子:河須崎・鈴木ペア ⇒ ベスト16
 <団体戦>  男子:予選リーグ  菅3-0川崎幸
                       菅②-1新城
                       菅③-0総合科学
             3勝0敗で決勝リーグ進出
           決勝リーグ  菅0-3川崎橘
                    菅0-3法政二
                    菅③-0桐光学園
        女子:予選リーグ  菅0-3桐光学園
                     菅②-1総合科学
                     菅1-2法政二
             1勝2敗で予選リーグ敗退
  男子は主力選手を体調不良やケガで出場できず
 個人戦はふるわなかったものの、
 団体戦では後衛の代理選手の活躍で予選リーグを突破。
 決勝リーグでは上位校に歯が立たなかったものの、
 新人戦に期待が持てます。
 はなかなか結果が出ないですが、
  女子はなかなか結果がでないですが、
 基本練習と試合の勝ち方を学んで
 秋の大会につなげたいと考えています。

●関東大会県予選会
 <個人戦>
  男子3ペア、女子1ペア出場
  男子:三浦・河須崎ペア ⇒ 関東代表決定戦敗退
 <団体戦>
  男子 1回戦  菅 1-2 湘南学院
  女子 1回戦  菅 0-3 法政二

●インターハイ県予選会
 <個人戦>  男子4ペア 出場
 <団体戦>
  男子 1回戦  菅 ③-0 湘南学院
       2回戦  菅 ②-1 厚木東
       3回戦  菅 ②-0 湘南
       4回戦  菅 0-2 横浜創英   県ベスト16
  女子 1回戦  菅 3-0 県鶴見
       2回戦  菅 1-2 市川崎

●県民体育大会兼国民体育大会予選会
  男子 三浦・河須崎ペア ⇒ 2回戦敗退

少しずつ県大会で勝てるようになってきました。
戦う姿勢や考え方をレベルアップして、
次回の大会にも結果がでるように頑張っていきたいです。

●県新人大会川崎地区予選会(9月24日)
  男子:雨宮(日吉中)・笹原(野川中)ペア ⇒ ベスト8
     大砂(菅中)・鈴木(柿生)ペア、三浦(西中原中)・齋藤(菅中)ペア
     佐藤克(山内)・新屋(田奈)ペア          以上4ペア県大会進出
  女子:山川(井田中)・関場(稲田中)          以上1ペア県大会進出
   男子は雨宮ペアが第1シードの法政二高に勝利しベスト8へ。
   準々決勝も橘高校に接戦するも、ファイナルで敗戦。法政二高や橘にどう戦うかが
   県大会上位進出のカギになります。
   女子は1年生ペアが県大会へ。参加した各ペアもよく戦っていますが、
   リードして弱気になるところを鍛える必要があります。
   県大会では暴れられるように頑張ります。

●川崎地区高体連第二大会(10月1日)
 <男子2年> 雨宮・笹原ペア ⇒ ベスト8
          大砂・鈴木ペア、三浦・齋藤ペア ⇒ ベスト16
 <男子1年> 勝間田(中野島中)・木村(中野島中)ペア、髙木(東橘中)・井上(南菅中)
                                       ⇒ ベスト16
 <女子2年> 前田(稲田中)・宮良(鶴間中)ペア ⇒ ベスト16
 <女子1年> 山川・関場ペア、猪俣(菅生中)・松村(長沢中)  ⇒ ベスト16

●県新人大会個人戦(11月3日、4日)
  男子:1回戦 大砂(菅中)・鈴木(柿生)④-3鎌倉学園
      2回戦 三浦(西中原中)・齋藤(菅中)④-3山北
           雨宮(日吉中)・笹原(野川中)2-4秦野
           佐藤克(山内)・新屋(田奈)0-4大和南
           大砂・鈴木3-4東海大相模
      3回戦 三浦・齋藤④-1桐蔭中等
      4回戦 三浦・齋藤0-4横浜創英  ベスト32
  女子:2回戦 山川(井田中)・関場(稲田中)0-4高木学園

     三浦・齋藤は第1シードに敗れ32本。16本で関東大会個人の出場権が得られるので、
   あと1歩のところ。大砂・鈴木は東海大相模の大将とほぼ互角の戦いができていて、
   今後に期待ができます。女子は1年生ということもあり、まだまだ相手に勇気をもって戦えて
   いないようです。
   男女とも心をもっと鍛えて、もう1ランク、2ランク上がれるようにしたいです。

●県新人大会団体戦(11月11日、12日)
  男子:2回戦 菅 ②-1 藤沢翔陵
      3回戦 菅 0-2 武相    ベスト32
  女子:2回戦 菅 0-3 逗子
   男子は武相と接戦を繰り広げるも、最後は弱気のプレーで勝ちを取りこぼす形となりました。
  女子も練習ではゲームのやり方も上達してきてはいるものの、本番で力を出し切れないよう
  です。やはり精神面の強化でしょうか。

●川崎市秋季市民大会(11月19日)
  男子:大砂(菅中)・小月(柿生中) 第3位
      雨宮(日吉中)・笹原(野川中) ベスト8
      三浦(西中原中)・齋藤(菅中)、目黒(光丘中)・鈴木(柿生中) ベスト16
  女子:山川(井田中)・関場(稲田中) ベスト16

   三浦・齋藤は決勝まで行ける力はありましたが、気持ちがビビり8本掛けで敗退。
  大砂・小月は準々決勝で第1シードを接戦の末勝って準決勝に進出。
  勢いで決勝かというところで、少し弱気になり敗退。
   女子は山川・関場が接戦で勝ちあがって16本。川崎橘には力の差がはっきりと出て
  しまいました。男女とも伸びしろはあるので、冬の練習次第でどんどん伸びそうです。

【2015年度の活動】

・関東大会県予選(個人戦)出場《男子》
・インターハイ県予選(個人戦)出場《男子》
・神奈川県選手権(個人戦)4回戦出場《男子》


練習の様子1
練習の様子2


このページのトップへ

トップ > 部活動 > ソフトテニス部