トップ > 警報等発令時の対応について


警報等発令時の対応について

警報等発令時・気象による交通機関運休時の対応について

 本校では、警報等発令時・気象による交通機関運休時には、次のように対応していただいております。


気象警報発令時

1. 午前7:00の時点で、神奈川県全域または神奈川県東部に大雨警報(大雨洪水警報)と
  暴風警報の両方が発令されているときは、自宅で待機。


2. 午前11:00までに上記二つの警報が解除され、JR南武線・小田急線が運行している
  場合は、警報が解除になった段階で安全に留意して登校。


3. 午前11:00の時点でも上記二つの警報が解除されないときは、臨時休校とする。



台風・大雪等による交通機関運休時

1. 午前7:00の時点で、JR南武線・小田急線(多摩線を除く)のどちらかが運転を
  見合わせている場合は、運転が開始されるまで自宅で待機。


2. 午前11:00までに、JR南武線・小田急線(多摩線を除く)の両方が運行を始めた
  場合は、安全に留意して登校。


3. 午前11:00の時点でも、JR南武線・小田急線(多摩線を除く)のどちらかが運転を
  見合わせているときは、臨時休校とする。




(心得)

◎気象情報は、テレビ・ラジオの気象情報、177天気予報サービス、インターネット等で、
 正確な情報を入手すること。

◎学校より連絡することがあるので、必ず自宅で待機し、連絡がとれるようにしておくこと。

◎授業は行われるが 登校が困難な場合 (交通機関の不通・通学経路に危険がある等)は、
 学校に連絡する こと。

なお、登校につきましては、各ご家庭で慎重に判断されますようお願い申し上げます。



東海地震予知情報(警戒宣言・注意情報)発令時

1.在宅中の場合:登校せず、家族と行動を共にし、安全を確保する。

2.登校途中の場合:原則として帰宅する。

3.登校後の場合:学校より指示する。


このページのトップへ