トップ > 部活動 > ソフトテニス部

ソフトテニス部

活動日 月・火・水・木・金・土
活動場所 コート2面
(砂入り人工芝+クレー)
部員数 1年 11名
2年 6名
3年 15名
 

コメント

専門のコーチ2名とソフトテニス指導歴のある先生を加え5名の先生方とともに日々の練習に励ん
でいます。
 顧 問:岡田裕之、神戸智広、今井正樹、大久保祐子、橋本珠美
 コーチ:井口新吾、佐久間武雄
 部員数:男子25名(1年10名、2年4名、3年11名)
      女子8名 (1年1名、2年2名、3年4名)
 関東大会出場を目指して頑張っています。

2019年度の活動

 ●オダワラ・キャッスル杯に参加しました。 (3月31日~4月3日)
     東北高校(宮城県)、高崎商業(群馬県)、松山高校(埼玉県)、昭和学院高校(千葉県)など
     のインターハイ常連校と団体戦形式で試合を行いました。部員全員参加しました。
     Aチーム(レギュラーチーム)の結果
       予選リーグ  0-3東北高校B(宮城県)
                 0-3学法石川高校(福島県)
                1-2茅ヶ崎北陵高校(神奈川県)
       決勝トーナメント  0-2東北高校A

 

●関東大会地区予選会 (4月13日)
   男子:勝間田(③中野島)・井上(③南菅)、竹嶌(③東橘)・後藤清(②枡形)
          以上2ペア地区予選通過 県大会へ出場
 

●関東大会県予選会
   個人戦(4月20日、21日) 勝間田・井上 3回戦敗退   竹嶌・後藤 2回戦敗退
   団体戦(4月27日~29日)
    男子:1回戦 菅1-2桜丘   女子:2回戦 菅1-2山北

 

●インターハイ地区予選会 (5月3日)
   男子:勝間田・井上、竹嶌・後藤清)、髙木(③西高津)・木村(③中野島)
          以上3ペア地区予選通過 県大会へ出場

 

●インターハイ県予選会
   個人戦(5月11日、12日)
    髙木・木村、竹嶌・後藤 1回戦敗退    勝間田・井上 2回戦敗退
   団体戦(6月8日、9日、16日)
    男子:1回戦 菅③-0藤嶺藤沢  2回戦 菅0-3東海大相模
    女子:1回戦 菅1-2平塚江南

 

●川崎市春季市民大会 (5月5日)
   男子:勝間田・井上、モーグル(②菅)・笹原(③野川) ベスト16
   女子:山川(③井田)・関場(③稲田) ベスト16

 

●国民体育大会県予選会 (6月16日)
   男子:勝間田・井上  1回戦 ④-1厚木  2回戦 1-4相洋

 

●県選手権大会 (7月6日、7日)
   男子:竹嶌・笹原 ベスト64  参加ペア数673ペア

 

●川崎地区高体連第一大会 (7月29日~7月31日)
   個人戦: 男子 モーグル・後藤清 ベスト16
   団体戦: 男子予選リーグ2位 女子予選リーグ2位  ともに決勝トーナメントに進めず

 

●夏季校外合宿を行いました (8月14日~8月17日)山梨県道志村「丸水荘」
  今回は桐蔭学園高校と合同で合宿を行いました。3日目午前中まで雨のため、コートでボールを打てたのは実質1日だけでした。初日には山中湖1周マラソンで精神を鍛えました。

    

●県新人大会川崎地区予選会 (9月21日)
  <個人戦> 男子:モーグル・後藤清 1ペア地区予選通過、県大会へ出場
   男子は3ペア、女子1ペア県大会へ送り込む予想に反して、男子の1ペアのみ。精神
   面での成長が必要。

●川崎地区高体連第二大会(学年別)  (9月23日)
  男子2年 モーグル・後藤清、若井(②中野島)・蓬(②今井) ともにベスト16
  男子1年 吉田(①東橘)・針尾(①日吉台) 第3位
  女子2年 桑垣(②旭北)・松元(②南生田) ベスト16
    2年男子は法政二高、橘に負ける。これらの学校に勝つことを目標に取り組みたい。
    1年男子の2人は県新人大会の県大会に進出してほしかったペア。これをきっかけに伸び
    とほしいと思います
    2年女子の2人は男子と一緒に練習をしているので、打球力はひけを取ることはないです
    が、最後まで勝ちきる力がほしいです。

●県新人大会個人戦 (11月2日)
  男子 2回戦 モーグル・後藤清0-4横須賀総合
    左利きのカットサービスに苦しみいいところがなかった。精神的にも強くなってほ
    しいところ。

●県新人大会団体戦 (11月9日、10日)
   男子 1回戦 菅0-3桜丘
   女子 1回戦 菅・みなと総合合同チーム1-2伊勢原

●川崎市秋季市民大会 (11月17日)
  男子 モーグル・後藤清  ベスト16
  

●県高校選手権大会シングルス 川﨑地区予選会 (12月21日)
  男子 プリンス・ジャン・モーグル  ベスト16
  女子 桑垣一葉  ベスト16

今シーズンの大会は全て終了しました。冬は強化練習会や他校との練習ゲーム、各種研修大会で
練習の成果をチェックしながら春に向けて準備していきます。
3月31日からの「オダワラ・キャッスル杯」で関東・全国の強豪校とどこまで戦えるかが楽し
みです。


2018年度の活動

●川崎市秋季市民大会
  男子:モーグル・笹原  ベスト8   勝間田・井上 ベスト16
  女子:  山川・関場  ベスト16  桑垣・宮良  ベスト16
男子はモーグルの精神力が少し向上したようで、元気に戦っていましたが、もっと成長する必要があります。勝間田ペアはいいテニスをするようになりましたが、県で活躍する選手とどう戦って勝ちをもぎ取るかがわかれば、関東大会も夢ではありません。
女子は新チームになって勢いのある高津高校と対戦し力負けしましたが、戦い方次第では十分に戦っていける戦力になってきています。

●県新人大会(個人戦:11月3日、団体戦:11月10日・11日)
<個人戦>
男子:勝間田・井上 3回戦敗退
女子:山川・関場、桑垣・宮良  2回戦敗退
<団体戦>
  男子:1回戦 菅 1-2 山北
  女子:1回戦 菅 2-1 茅ヶ崎
     2回戦 菅 2-1 鶴嶺
     3回戦 菅 1―2 厚木  ベスト32
  男子は強豪こと互角の戦いをすることができましたが、あと1本取りたいときに焦ってしまうこととダブルフォルトがあまりにも多く、結果的には自滅してしまった感じです。女子は県内の県立の強豪校としっかりたたけました。厚木戦は日没サスペンデッドとなり翌日持ち越し。流れをつかめずに惜敗。1本を自分たちでもぎ取る勇気と強気が求められているようです。

●県新人大会川崎地区予選会  (9月22日)
<個人戦>
  男子:勝間田(②中野島)・井上(②南菅)1ペア地区予選通過、県大会へ出場
  女子:山川(②井田)・関場(②稲田)、桑垣(①旭北)・宮良(②鶴間) 2ペア地区予選通過、県大会へ出場
女子は順当に2ペア県大会へ。3番手の成長が今後の鍵です。
男子は3ペア県大会へ送り込む予想に反して、1ペアのみ。先進面での成長が必要。

●夏季校外合宿 8月17日~8月20日
山梨県道志村「丸水荘」にて夏合宿を行いました。いい表情で練習に取り組んでいました。

●川崎地区高体連第一大会 (7月29日~7月31日)
<個人戦> 全く振るわず、男女ともベスト32が最高でした。
<団体戦> 男子第4位   女子第5位

●オダワラ・キャッスル杯に参加(男子) 3月31日~4月3日
インターハイ常連校と多くの試合ができました。

●関東大会県予選会
<個人戦>
   男子:三浦(③西中原)・齋藤(③菅)、佐藤克(③山内)・新屋(③田奈)
     目黒(③光丘)・鈴木(③柿生) 3ペア地区予選通過、県大会へ出場
  女子:山川(②井田)・関場(②稲田)、桑垣(①旭北)・宮良(②大和)
    2ペア地区予選会通過、県大会へ出場
<団体戦>
   男子:2回戦 菅 1-2 大和南
  女子:1回戦 菅 3-0 桐蔭学園 2回戦 菅 1-2 東海大相模
男子団体はベスト8を狙い臨みましたが、レギュラーが地区予選会で県大会出場を
落としたことが尾を引いてしまいました。女子は1年生が入り戦力的にも上がりました。

●インターハイ県予選会
<個人戦>
  男子:三浦・齋藤、目黒・鈴木、大砂(③菅)・小月(③柿生)
     3ペア地区予選通過、県大会へ出場
  女子:山川・関場、桑垣・宮良  2ペア地区予選会通過、県大会へ出場
<団体戦>
  男子:1回戦 菅 2-1 横須賀大津 2回戦 菅 1-2 横浜栄
  女子:1回戦 菅 2-1 日本女子大附属  2回戦 菅 1-2 大磯
男女とも団体戦は勝ってもおかしくない内容でした。精神面の強化とうまくいかないときの次の手を身につけることが大切だと感じました。

●川崎市春季市民大会
   男子:三浦・齋藤、雨宮(③日吉)・笹原(②野川) ベスト16
   女子:山川・関場  ベスト16
男子は法政二高、女子は川崎橘にどうしても勝てません。力の差がはっきりしてしまっているようです。打開する何かがほしいです。

●県民体育大会兼国民体育大会県予選会
   男子:三浦・齋藤 1回戦敗退

●県高校選手権大会
   男子:三浦・齋藤 ベスト32
ベスト16掛けで三浦学苑と対戦、ファイナルジュースで敗退しました。3年生の最後の試合でしたが、よくここまで勝ち上がりました。